opticanics

オプティカニクス総合取扱製品
opticanics.com

近赤外・赤外検出器 ラインスキャンカメラ 

InGaAs ラインスキャンカメラ  Sensors Unlimited

 

2048R InGaAs 高速ラインスキャン カメラ

147 klpで2048ピクセル

GL2048 Rは、Medium CameraLink®インターフェイスを介してSD-OCTイメージングの速度を> 147 klpsに高め、GL2048LはベースCLで> 76 klpsを提供します。

新しいGL2048Rカメラは、1〜1.6ミクロンの波長範囲で高いQEを提供しながら、スペクトル領域光コヒーレンストモグラフィーで毎秒10,000〜147,000ラインのラインキャプチャレートを提供します。この2048ピクセルのカメラは、Medium CameraLink®デジタルインターフェイスで12ビット深度の高解像度画像を提供します。また、インターフェイスを介して外部からトリガーして、フレームグラバーCC1信号を介してラインレートと露光時間の両方を設定することもできます。

 
特徴
  • 10 µmピッチの2048 x 1ピクセル配列

  • 0.99 µm〜1.65 µmの高いQE

  • スナップショット露出を備えたソリッドステートFPA

  • ユーザー制御の露出とライン期間

  • 3つの速度範囲で9.5 kから147 k-lpsまでのラインレート

  • > 1590:低感度で1ダイナミックレンジ>高感度で> 510:1

  • Camera Link CC1ラインを介したラインおよび露出の外部トリガー

  • 密閉された本体<136 cm 3(<8.3 in 3

  • 6〜12 Vで4 W未満の低電力

  • ユーザーの不均一補正を取得して保存します

  • 中型12ビットCameraLink®インターフェース

  • 放射性および伝導性放射、そのような放射からの耐性、およびESD耐性に関するFCCおよびCEの要件に適合

GL2048LおよびRはEU RoHS指令に準拠しています。

 

サポート文書

GL2048R Specifications Datasheet (pdf)
Quantum Efficiency (jpg)
GL 2048 Anterior Segment Image from Univ. of Washington (pdf)
SUI Image Analysis Software Datasheet (pdf)

 


2048L InGaAsラインスキャンカメラ

6 klpで2048ピクセル

GL2048Rは、Medium CameraLink®インターフェイスを介してSD-OCTイメージングの速度を> 145 klpsに高め、GL2048LはベースCLで> 76 klpsを実現します。


 

詳細

GL2048Lカメラは、マシンビジョンと1〜1.6ミクロンの波長範囲で高いQEを備えた光学コヒーレンストモグラフィの両方で、10ミクロンピッチで2048ピクセルを使用した高解像度ラインキャプチャを提供します。このカメラは、12ビットベースのCameraLink®デジタルインターフェイスを介して、100〜76,000ライン/秒のラインレート範囲をカバーし、柔軟性を提供します。また、インターフェイスを介して外部からトリガーして、フレームグラバーCC1信号を介してラインレートと露光時間の両方を設定することもできます。


 

特徴
  • 10 µmピッチの2048 x 1ピクセル配列

  • 0.99 µm〜1.65 µmの高いQE

  • スナップショット露出を備えたソリッドステートFPA

  • ユーザー制御の露出とライン期間

  • 0.1 k〜76 kライン/秒または10 k〜> 145 k lpsのラインレート

  • > 1200:高ゲインで1つのダイナミックレンジ

  • 4つのゲイン/フルウェルの選択

  • Camera Link CC1ラインを介したラインおよび露出の外部トリガー

  • 密閉された本体<136 cm 3(<8.3 in 3

  • 6-12 Vで低電力<3.6 W

  • ユーザーの不均一補正を取得して保存します

  • ベースまたはミディアム12ビットCameraLink®インターフェース

  • 放射性および伝導性放射、そのような放射からの耐性、およびESD耐性に関するFCCおよびCEの要件に適合

  • GL2048LおよびRはEU RoHS指令に準拠しています

 

アプリケーション:
  • 光コヒーレンストモグラフィー:1.04、1.31、1.55 µm

  • 強いスペクトルの高解像度分光法

  • シリコンウェーハまたは集積回路顕微鏡

  • 移動物体のSWIRマシンビジョン

  • サーマルMVイメージング>ガラス窓を通して150°C
     


サポート文書

GL2048L Datasheet (pdf)
Quantum Efficiency (jpg)
GL2048 - Anterior Segment Univ. of Washington (pdf)
SUI Image Analysis Software Datasheet (pdf)




 

1024-LDH2 92 KHz InGaAsラインスキャンカメラ

高速SD-OCTイメージング用

SU1024LDH2は、第2世代の高速1024ピクセルラインスキャンInGaAsカメラで、Aラインレートを91,911ライン/秒に増加させます。



 

詳細

SU1024LDH2は、第2世代の高速1024ピクセルラインスキャンInGaAsカメラで、Aラインレートを91,911ライン/秒に増加させます。これにより、1.04μmのスペクトル領域光コヒーレンストモグラフィ(SD-OCT)が可能になり、網膜、神経頭、脈絡膜層の詳細な3Dボリュームを瞬きしてキャプチャできます。1.31μmSD-OCTの場合、ダイオードアレイベースのOCTシステムは、ドップラーまたは偏光に敏感なOCTに対して優れた位相安定性を提供します。LDH2は、12ビットのデジタルキャプチャを基本形式のCameraLink®インターフェースカードに提供すると同時に、高ラインレートで最大2300:1を超える最大ダイナミックレンジを提供します。2つのピクセルアパーチャが利用可能です。SD-OCTシステムで簡単に位置合わせできる高さ500μmのピクセル、または超高速マシンビジョンまたはデュアルカメラPS-OCT用の25μmの正方形ピクセルです。

 

特徴
  • 12ビットで1024ピクセルの場合、91,911 lps

  • 読み取り中のスナップショット取得の統合

  • 1.05および1.31μmOCTのフラットQEで0.8μmから1.7μmを超える波長応答

  • 開口部の高さが25μm(オンチップマスクで定義)または500μmの25μmピクセルピッチ

  • 12ビットベースのCameraLink®互換の出力と制御

  • 高い量子効率とダイナミックレンジ

  • -10〜+ 50°Cの動作温度範囲

  • 5.7 mmの画像面深度とOリングライトシールにより、分光器に簡単に取り付け可能

  • 三脚、前面または側面のファスナー穴パターンで光学ベンチまたはMVシステムに簡単に取り付け可能

  • FマウントまたはCマウント、レンズ用のオプションのアダプター(Cマウントレンズは、25.6 mm幅のアレイの全幅を完全に照らさない場合があります)
     

用途
  • スペクトル領域光干渉断層法(OCT)

  • 燃焼研究、水分、脂質、タンパク質、または0.8〜1.7μmの範囲のその他の分子振動バンド用の超高速吸収分光法または発光分光法

  • 超高速検査、材料分類、選別、および/または食品または農産物の選別などの連続プロセスの監視のためのマシンビジョン
     

サポート文書

SU1024-LDH2仕様データシート(pdf)
RMAフォーム(pdf)
SUI Image Analysis Software Datasheet