opticanics

オプティカニクス総合取扱製品
opticanics.com

近赤外・赤外検出器 ラインスキャンカメラ 

LN2 冷却 MCT Infrared Associates, Inc.

 

LN2 冷却HgCdTe 赤外検出器

Infrared Associates、Inc.は、高品質の液体窒素冷却HgCdTe検出器を提供しています。 各検出器は、指定された波長帯域に最適化されています。 下の表に示すように、2µm〜5µm、2µm〜13µm、または最大2µm〜24µmの波長帯域FTIRシリーズ。



HgCdTe検出器のFTIRシリーズは、フーリエ変換赤外分光計で最適な性能を達成するように設計されています。 検出器は、750〜400 cm-1の範囲のカットオフで最高の感度を提供します。

さまざまなデュワー設計が利用可能であり、すべて干渉効果を排除するためにくさび形の窓を使用しています。 次の表にリストされている標準サイズに加えて、リクエストに応じてカスタム構成を利用できます。 お客様指定の冷却システムと連動するように設計された、金属とガラスの両方のカスタムパッケージもあります。
プリアンプ、バルブオペレーター、スクエアベースアダプターなどのアクセサリーがあります。




スタンダード液体窒素冷却 HgCdTe 検出器

 

Model Number

Element Size (mm)

FOV=60O

Std. Pkg.

Std. Window

Wave-length Peak λp(µm)

Wavelength Response (20% λco) (µm)

D* (λp,10000,1) (cmHz1/2W-1)

Responsivity

(pk, (V/W))

Resistance

)

Time Constant(µsec)

2 µm to 5 µm

MCT-5-N-0.05
MCT-5-N-0.10
MCT-5-N-0.25
MCT-5-N-0.50
MCT-5-N-1.00

0.05 X 0.05
0.10 X 0.10
0.25 X 0.25
0.50 X 0.50
1.00 X 1.00

~4.5

> 5.0

> 1.0E11

>100,000 >50,000 >10,000 >4,000 >2,000

50-500

~1.0

MSL-8
MSL-12
OR
MDL-8 
MDL-12

Sapphire

MCT-5-N-2.00

2.00 X 2.00

> 8.0E10

>1,000

2 µm to 13 µm

MCT-13-.025
MCT-13-0.05
MCT-13-0.10
MCT-13-0.25

.025 X .025
0.05 X 0.05
0.10 X 0.10
0.25 X 0.25

~12.0

>13.0 (750cm-1)

> 5.0E10

>100,000 >60,000 >30,000>10,000

20-100

~0.4

MSL-8
MSL-12
OR 
MDL-8 
MDL-12

ZnSe  (2-14mm)

MCT-13-0.50
MCT-13-1.00

0.50 X 0.50
1.00 X 1.00

> 4.0E10

>5,000 >2,000

MCT-13-2.00

2.00 X 2.00

> 3.0E10

>500

MCT-13-4.00

4.00 X 4.00

> 2.0E10

>100

2 µm to 24 µm "FTIR Series"

FTIR-16-0.10
FTIR-16-0.25
FTIR-16-0.50

0.10 X 0.10
0.25 X 0.25
0.50 X 0.50

~14.0

>16.6 (600cm-1)

> 4.0E10

>10,000>3,000 >1,500

20-100

~0.2

MSL-8
MSL-12
OR
MDL-8
MDL-12

ZnSe/W

FTIR-16-1.00

1.00 X 1.00

> 3.0E10

>1,000

FTIR-16-2.00

2.00 X 2.00

> 2.0E10

>200

 

FTIR-22-0.25
FTIR-22-0.50
FTIR-22-1.00

0.25 X 0.25
0.50 X 0.50
1.00 X 1.00

~18.0

>22.2 (450cm-1)

> 1.0E10

>700

20-100

~0.1

Same as FTIR-16

ZnSe/W

>350

>150

 

FTIR-24-0.25
FTIR-24-1.00

0.25 X 0.25
1.00 X 1.00

~18.0

>24.0 (415cm-1)

> 5.0E9

>200

20-100

~0.1

Same as FTIR-16

KRS-5/W

>50

MSL-8 Side Looking Metal Dewar---8 Hour Hold Time      MSL-12 Side Looking Metal Dewar---12 Hour Hold Time
MDL-8 Down Looking Metal Dewar---8 Hour Hold Time      MDL-12 Down Looking Metal Dewar---12 Hour Hold Time

 
検出器プリアンプ  Infrared System Development

 

検出器プリアンプ


プリアンプ
 

モデル

タイプ

帯域

利得

MCT-1000

PC HgCdTe

1.5Hz〜150kHz

50〜1000

MCT-1000DC

PC HgCdTe

DC - 150kHz

50〜1000

MCT-1000H

PC HgCdTe

1.5Hz〜150kHz

200〜4000

MCT-1000HS

PC HgCdTe

500Hz〜1.0MHz

50〜1000

PVMCT-1000

PV HgCdTe

1.5Hz〜150kHz

5-100

MCTアレイ

PCまたはPV HgCdTe

任意のDC-1.0MHz

5-1000

 

 

 

 

INSB-1000

PV InSb

1.5Hz〜200kHz

5-100

INSB-1000DC

PV InSb

DC - 200kHz

5-100

INSB-1000HS

PV InSb 2mm

500Hz〜1.0MHz

0.5〜10

INSB-1000HS

PV InSb 1mm

500Hz〜1.0MHz

2.5〜30

 

 

 

 

PYRO-1000

DTGSとLiTaO 3

1.5Hz〜10kHz

50〜1000

PB-1000

PbS / PbSe

1.5Hz〜50kHz

2〜200

INGAAS-1000

InGaAs

1.5Hz〜50kHz

5-100

VA-1000

どれでも共通

10Hz〜500Hz

100〜3000

検出器インターフェースを提供するプリアンプを製造しています。 検出器の種類ごとに適切なバイアス電圧と入力段が選択されています。 プリアンプ出力は、テスト機器、A / Dカード、機器回路の駆動に適しています。

検出器とプリアンプ、または擬似検出器コンポーネントを完全にテストして出荷します。 各アンプは、最終アプリケーションに最も近い方法でテストされています。 DC応答からフェムト秒レーザーパルスまで、各タスクに最高の性能を提供するように最適化されています。

 

MCT - 1000 (HgCdTe) 検出器プリアンプ



 

MCT-1000は、光導電性テルル化水銀カドミウム(HgCaTe)検出器で動作するように特に設計されています。
低ノイズと高ゲインの側面を高精度の定電圧バイアスと組み合わせることで、これらのディテクタを理想的に補完します。

MCT-1000プリアンプは、最適な動作に必要なすべてのインタフェース回路をMCT検出器に提供します。 外部バイアスまたは負荷抵抗は不要です。 一般的なノイズ値は、入力を基準にして<1.5 nV / Hz -1です。

高速、高利得、およびPV(光起電力)HgCdTe検出器での動作のための特別な構成が利用可能です。

MCT検出器は、通常は検出器に付属のSMA-BNCケーブルで入力BNCコネクタに接続されています。 少なくとも200ミリアンペアの出力(-15 Vの場合は100 ma)の正および負の15ボルトDC電源が必要です。 検出器バイアスは内部で供給され、バイアス電圧(または電流)は通常0Vから+ 2.5Vの範囲で調整可能です。電気的帯域幅は内部で1.5Hz〜200KHzに設定されています。 他の帯域幅(最大5MHz)も利用可能です。

調整可能なゲインは、通常50〜1000倍の可変信号振幅を提供します。 バイアス電圧とゲインはディテクタのインピーダンスの影響を受けます。 すべてのディテクタの抵抗はわずかに異なるため、最大バイアス電圧と最大ゲインにはわずかな変動があります。


 

アレイ検出器プリアンプ



 

小型および大型アレイ検出器用のマルチチャンネルプリアンプを提供しています。 これらのプリアンプは、マルチチャンネルハウジングにパッケージされたシングルチャンネルユニットと同じ高品質の低ノイズアンプです。 バイアスとゲインの調整により、アレイ間の信号の差を補正できます。 感度のばらつきを補正するように調整できます。

アレイ素子のバイアスおよび応答性(利得)は、すべての要素から均一な応答を提供するように調整することができます。前面パネルの入力BNCコネクタは検出器端子に、背面パネルの出力BNCコネクタは信号取得と解析回路に接続します。低インピーダンス出力(50Ω)により、PCベースのA / Dボードに直接接続し、長いケーブルを駆動できます。 より大きなアレイには、複数のマルチチャンネルアレイを使用できます。 2つのMCT-6400は128素子のアレイとインターフェースします。


アレイ検出器プリアンプ
 

アレイサイズ(素子数)

プリアンプモデル

4

MCT-4000

8

MCT-8000

16

MCT-1600

32

MCT-3200

64

MCT-6400









 

INSB - 1000 InSb検出器 プリアンプ



 

INSB-1000は、特にInSb PV 検出器で動作するように設計されています。 低ノイズと高ゲインの側面は、ゼロボルト バイアスとともに、これらのディテクタを理想的に補足します。

INSB-1000プリアンプは、最適な動作に必要なすべてのインターフェース回路をInSb検出器に提供します。 外部バイアスまたは負荷抵抗は不要です。 プリアンプは検出器ノイズが制限されています。

高速、高利得、および逆バイアス用の特別な構成が利用可能です。帯域幅はDCから5 Mhzです。

InSb検出器は、通常は検出器に付属のSMA-BNCケーブルで入力BNCコネクタに接続されています。 最低100ミリアンペアの出力(-15 Vの場合は100 ma)の正および負の15ボルトDC電源が必要です。 (合計200mA以下)電気的帯域幅は内部で1.5Hz〜200KHzに設定されています。 他の帯域幅(最大5 Mhz)も利用できます。 調整可能なゲインは、通常5〜100倍の可変信号振幅を提供します。