opticanics

オプティカニクス総合取扱製品
opticanics.com

SWIRカメラ / 波面センサー UV・VIS・IR 

レーザー波面センサー Phasics


Phasics

UV レーザー波面センサー SID4 UV

超高解像度 - 250×250位相マップ
高感度 - 2 nm RMS
UV波面測定のための手頃な価格のソリューション
完全に適合UV光学検査UVレーザーの特性(リソグラフィで使用される、半導体...)と表面検査(レンズとウエハ...)。

波長範囲

250〜400 nm

開口寸法

7.4×7.4 mm 2

空間分解能

29.6μm

位相と強度のサンプリング

250×250(62 500ポイント)

分解能(フェーズ)

2 nm RMS

精度(絶対)

10 nm RMS

取得レート

> 30 fps

リアルタイム処理頻度

2 fps(フル解像度)

コンピュータ接続

ギガイーサネット

寸法(wxhxl)

45×30×100 mm

重量

〜250g

 
SID4 UV-HR UVレーザー波面アナライザー

Phasicsの特許技術を基にしたSID4 UV-HRウェーブフロントアナライザは、比類のない高解像度と非常に優れた感度の両方を提供します。これは、光学部品の特性評価(リソグラフィ、半導体などで使用)や表面検査(レンズやウェーハなど)に最適です。

超高解像度 - 250×250位相マップ
高感度 - 0.5 nm RMS
アクロマティック - 190 nm〜400 nm

 
波長範囲 190〜400 nm
開口寸法 8.0×8.0 mm 2
空間分解能 32 µm
位相と強度のサンプリング 250×250
分解能(フェーズ) 0.5 nm RMS
正確さ 10 nm RMS
取得レート > 30 fps
リアルタイム処理頻度 1 fps(フル解像度)
コンピュータ接続 CamLink
寸法(wxhxl) 95×105×84 mm
重量 〜900g
SID4 V Vacuum   真空対応 高解像度| 真空度10 -6 mbarまでの設計

Phasicsは、市場に出た最初の既製の真空対応波面センサーを提案することで革新的です。SID4 Vは、高真空下で波面測定を実行するように設計されています。波面測定は実験と同じ条件でその場で実現される。当社の新しいSID4 V真空波面センサーは、コンプレッサー容器内での圧縮後のレーザービームの特性評価にも使用されます。最後に、ガスジェットとプラズマの密度がターゲットにできるだけ近いところで測定されます。

利点:Phasicsの独自の戦略により、真空チャンバー内の目標位置までのあらゆる光学素子の収差を補正することが可能になりました。


真空互換性> 10 -6 mbar
高解像度160×120位相ピクセル
400 nm〜1100 nmのスペクトル範囲
発散ビーム対応
熱的および機械的な真空拘束に対して不変
性能を落とさずに真空サイクルを許容
真空下でも大気圧下でも機能
低ガス放出

 
真空対応 > 10 -6 mbar
波長範囲 400〜1100 nm
開口寸法 4.73×3.55 mm 2
最大NA(オプションのソフトウェアが必要 0.2
空間分解能 29.6 µm
位相と強度のサンプリング 160×120
正確さ 15 nm RMS
分解能(フェーズ) 2 nm RMS
取得レート 60 fps
リアルタイム処理頻度 7 Hz(フル解像度)
インタフェース ギガイーサネット
MTBF > 10年
寸法(wxhxl) 54 x 46 x 75.3 mm
重量 〜250g
 

 

SID4 高解像度波面センサー


 

高解像度 - 160×120位相マップ
簡単なセットアップ - 発散ビームとコリメートビームの直接測定
無彩色 - 400〜1100nm

 
波長範囲 400〜1100 nm
開口寸法 3.6 x 4.8 mm 2
空間分解能 29.6 µm
位相と強度のサンプリング 160×120(> 19 000ポイント)
分解能(フェーズ) <2 nm RMS
正確さ 10 nm RMS
取得レート 60 fps
リアルタイム処理頻度 > 10 fps(フル解像度)
コンピュータ接続 ギガイーサネット
寸法(wxhxl) 54 x 46 x 75.3 mm
重量 〜250g


 
SID4 HR  高解像度波面センサー

ロバストな波面解析のための超高分解能 - 400×300測定点 -
400〜1100nmの色収差補正なし
コンパクト
自己参照型:振動に影響されず、調整が簡単
簡単なセットアップ:発散ビームとコリメートビームの直接測定
簡単で正確な定量的位相イメージングを実現

 
波長範囲 400〜1100 nm
開口寸法 8.9×11.8mm 2
空間分解能 29.6 µm
位相と強度のサンプリング 300×400(> 12万点)
分解能(フェーズ) <2 nm RMS
正確さ 15 nm RMS
取得率 > 10 fps
リアルタイム処理頻度 > 3 fps(フル解像度)
コンピュータ接続 ギガイーサネット
寸法(wxhxl) 54 x 46 x 79 mm
重量 〜250g
 
SID4 NIR 近赤外高解像度波面センサー

高解像度 - 160×120位相マップ
リレーレンズなしの高NAレンズ測定
近赤外の手頃な価格のシステム
光学ベンチへの容易な統合のためにコンパクト

 
波長範囲 1.5〜1.6 µm
開口寸法 3.6 x 4.8 mm 2
空間分解能 29.6 µm
位相と強度のサンプリング 160×120(> 19 000ポイント)
分解能(フェーズ) <11 nm RMS
正確さ 15 nm RMS
取得率 > 60 fps
リアルタイム処理頻度 > 10 fps(フル解像度)
寸法(wxhxl) 44×33×57.5 mm
重量 〜250g


 
SID4 SWIR 高解像度+高感度 近赤外波面センサー

SID4 SWIR波面センサーは、Phasicsの特許技術と高品質のInGaAs検出器を統合しています。これは、SWIR光源とレンズのテストにおいて正確な波面解析を保証します。

 

0.9〜1.7μmの拡張スペクトル範囲 - SID4 SWIRは、キャリブレーションなしでNIRおよびSWIR領域をカバー
解像度 - 80×64位相ピクセル
高感度 - 全スペクトル範囲で2nm未満の位相雑音 - SID4 SWIRは低エネルギーIR光源に適しています
セットアップが簡単なコンパクトで自己参照

 
波長範囲 0.9〜1.7 µm 
開口寸法 9.60 x 7. 68 mm 2
空間分解能 120 µm
位相と強度のサンプリング 80×64
分解能(フェーズ) <2 nm RMS
取得率 120 fps
正確さ 15 nm RMS
リアルタイム処理頻度 7 fps(フル解像度)
コンピュータ接続 ギガイーサネット
寸法(wxhxl) 100×55×63 mm
重量 〜455g
 
SID4 SWIR-HR 高解像度+高感度 近赤外波面センサー

SID4 SWIR-HR波面センサーは、Phasicsの特許技術と高品質のInGaAs検出器を統合しています。これは、SWIR光源とレンズのテストにおいて正確な波面解析を保証します。

 

0.9〜1.7μmの拡張スペクトル範囲 - SID4 SWIR-HRはキャリブレーションなしでNIRおよびSWIR領域をカバー
超高解像度 - 160×128位相ピクセル
高感度 - 全スペクトル範囲で2nm未満の位相雑音 - SID4 SWIR-HRは低エネルギーIR光源に適しています
セットアップが簡単なコンパクトで自己参照

 
波長範囲 0.9〜1.7 µm 
開口寸法 9.60 x 7. 68 mm 2
空間分解能 60 µm
位相と強度のサンプリング 160×128
分解能(フェーズ) <2 nm RMS
取得率 120 fps
正確さ 15 nm RMS
リアルタイム処理頻度 7 fps(フル解像度)
コンピュータ接続 ギガイーサネット
寸法(wxhxl) 100×55×63 mm
重量 〜455g


 
SID4 LWIR 高解像度赤外域波面センサー



 

LWIRバンド全体にわたる色消し - 8〜14 µm
非冷却焦点面アレイ技術
高解像度: - 160×120位相ピクセル
コンパクトで使いやすい - 光学ベンチに簡単に統合

 
波長範囲 8〜14 µm
開口寸法 16×12 mm 2
空間分解能 100μm
位相と強度のサンプリング 160×120
分解能(フェーズ) 75 nm RMS
正確さ 25 nm RMS
取得率 24 fps
リアルタイム処理頻度 > 10 fps(フル解像度)
寸法(wxhxl) 96×110×90 mm
重量 〜850g


 
SID4-eSWIR 高解像度拡張SWIR波面センサー

SID4-eSWIR波面センサーは、PHASICSの特許取得済み技術とT2SL検出器を統合しています。その高い空間分解能と優れた感度のおかげで、1.0から2.35 µmまでの広いSWIR範囲にわたって正確な波面測定を提供します。
SID4-eSWIRは、軍用および監視機器の光通信、検査機器、または暗視で使用されるSWIR光源およびレンズをテストするための革新的なソリューションです。ワンショット測定でMTFと収差の両方を提供します。

応用:自由空間光通信 | 防衛&セキュリティ | 航空宇宙



 
波長範囲 1.0〜2.35 µm
開口寸法 9.6 x 7.68mm²
位相空間分解能 120μm
位相と強度のサンプリング 80×64
分解能(フェーズ) <6 nm RMS *
正確さ <40 nm RMS *
リアルタイム処理頻度 > 10 Hz(フル解像度)
インタフェース USB 2.0
寸法 90×115×120 mm
重量 〜1.8 kg
 
SID4 DWIR デュアルバンド波面センサー  3-5 µmと8-14 µm

Phasicsは、3〜5 µmと8〜14 µmのデュアルバンド赤外線用の最初の市販の高分解能波面センサーを発表しました。SID4 DWIRは、3.39µmと10.6µmのレーザービーム、または黒体などの3〜5 µm〜8〜14 µmの任意の波長の光源を測定します。

高解像度 - 160×120位相ピクセル
高NA測定 - リレーレンズなし
同じセンサーのMWIRとLWIRバンド

 
波長範囲 3 - 5 µmおよび8 - 14 µm
開口寸法 10.88×8.16 mm 2
空間分解能 68 µm
位相と強度のサンプリング 160×120
分解能(フェーズ) 25 nm RMS
正確さ 75 nm RMS
取得率 50 fps
リアルタイム処理頻度 > 10 fps(フル解像度)
寸法(wxhxl) 85×118×193 mm
重量 〜1.6 kg
 
SID4〜sC8 高解像度sCMOS定量位相イメージングカメラ

ライフサイエンスおよび材料検査顕微鏡用に設計されたSID4-sC8は、コンパクトでプラグアンドプレイのソリューションで、高速で正確かつ真に定量的な位相測定を実現します。
生物学者は無標識細胞イメージング、高感度および自動セグメンテーションから恩恵を受けるでしょう、一方材料科学者は正確な屈折率測定、レーザー損傷分析および表面特性評価へのアクセスを持つでしょう。

 

sCMOSセンサー
シングルショット位相および強度測定
倍率は2.5倍から150倍
取得ソフトウェアに対応:Metamorph、Micromanager、NIS-Elements…
あらゆる波長でのイメージング

 
センサー技術 sCMOS
波長範囲 450〜1000 nm
開口寸法 16.6×14.0mm²
位相空間分解能 19.5μm
位相と強度のサンプリング 852×720
分解能(フェーズ) 1 nm RMS未満
取得率 40 fps
リアルタイム処理頻度 最大15 Hz(フル解像度)
接続 USB 3.0
寸法 140×82×80 mm